GBRとは?

おはようございます。

笠間さくら歯科 歯科医師の今井 亜沙美です。

今日はGBRについてお話ししたいと思います。

GBRとは、インプラントを埋め込むために必要な歯槽骨の再生を促す治療方法です。

歯が抜けると、それを支えていた歯槽骨が吸収され、痩せていきます。

骨の幅が足りないとインプラントが露出してしまうので、GBRによって骨を再生させる必要があります。

骨が失われた部分に、自家骨や骨補填剤を盛り、メンブレン(人工膜)で覆います。

インプラントとGBRを同時に行う方法と、GBRを行って骨が回復してからインプラントを埋めこむ方法があります。

また、GBRは審美的な面からも必要な治療です。

歯槽骨が一度吸収されてしまうと、その分、歯茎の位置も変化してしまいます。 

その状態のままでインプラントを埋め込むと、露出している歯が長くなってしまいます。

審美的な面では、歯と歯茎のバランスが非常に重要ですので、GBRによってこのバランスを保ちます。

笠間さくら歯科では、インプラントを長期的に保つために、患者さんにより良い提案を心がけています。

お気軽にお問い合わせ下さい!