知覚過敏

おはようございます!

笠間さくら歯科 歯科医師の今井 亜沙美です。 

今日は、「知覚過敏」についてお話ししたいと思います!

今までは何でもなかったのに、冷たい物を飲食したり、ハブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで「歯がしみる」症状が出たら、それは知覚過敏かもしれません。

歯周病や強いブラッシングなどの原因により歯茎が退縮したり、エナメル質が消失したりすると象牙質が露出します。象牙質表面には象牙細管という細い管が開いており、この奥にある神経へ刺激が伝わり、しみる、痛いなどの症状が現れます。

ただ、知覚過敏は、加齢によって歯茎が下がることも原因の一つですから、確実な予防方法はないといわれています。

しかし、誤ったブラッシングの見直しや、歯周病対策をすることが大切です。

当院では、知覚過敏に対する治療や、歯周病の治療をおこなっております。

お気軽にお問い合わせ下さい!